seminar・event

セミナー・イベント

NULL
セミナー

デザイナー・企画開発者の販路・市場講座

この講座は終了しております。
【開催レポート】
第一回(2016/1/6) 消費者ニーズのつかみ方
第二回(2016/1/13) 商品に応じた販路の選択
第三回(2016/1/20) 店舗設計におけるデザイナーの意図
第四回(2016/1/27) 専門店のイメージ戦略
第五回(2016/2/3) 通販業界の動向
第六回(2016/2/10) 小規模マーケットでの売り方
第七回(2016/2/17) モノづくりとマーケティング
【概要】
消費者が購入に至る 新経験=価値デザイン
消費者ニーズ、販売者の意図を正確に捉えて、より効果的なデザインに結び付けるため、典型的な購買層をどこに定めるのか(ペルソナ)、ブランド戦略、グラフィック等による店舗のイメージ発信、具体的な商品構成、陳列方法等の実例を通して、店舗規模、販売手法ごとにアピールの仕方を学びます。
成熟社会となった現代においては、消費者の潜在的なニーズを引き出すことが求められます。消費者の共感レベルの質が高まっていますので、消費者の隠れた感性に働きかけることによって、商品価値は大きく向上します。しかし、デザイナーや企画開発の方は、消費者から距離があり、ニーズを把握できないままに商品づくりが進んでしまうことも多いのではないでしょうか。それが良いモノであっても売れない原因です。
一方、商品情報を伝える媒体ごとに、販売手法は変わります。ターゲットと販路がマッチしていないと、こちらの意図が伝わらない可能性が高くなります。商品と消費者の出会いの場である店舗のイメージ戦略や商品構成なども重要です。消費者がその商品を目にして、美しさや心地よさを感じる「新たな経験」をできることが、商品「価値」となります。消費者の潜在ニーズのとらえ方、商品の良さを正しくアピールする販路と見せ方を学んで「売れる商品づくり」を目指しませんか。これも「デザイン」です。

その他講座案内

まだ記事はありません。

PAGE TOP