• ホーム
  • お知らせ
  • 経営デザイン・プロデューサー育成講座 美的感性と美的表現技法の修得『ビジネスに生かす美的感性』 ~共感を育む 価値を高める~(キャンセル待ち)

お知らせ

2019年10月25日(金)、2019年11月26日(火)、2019年12月17日(火)、2020年1月21日(火)

経営デザイン・プロデューサー育成講座
美的感性と美的表現技法の修得『ビジネスに生かす美的感性』 ~共感を育む 価値を高める~(キャンセル待ち)

共感醸成、ブランド作りにもつながる感性価値を学ぶ。曖昧にとらえがちな「感性」をロジカルに分類・理解。さらに、美が生まれる場を体験することで、学びを確かなものにする。
 
 
現在、キャンセル待ちの受付中となっておりますので、ご希望の方は以下のフォームよりお申込みください。  
 
 
 
 
日時・講演内容
 
2019年10月25日(金) 14:00~17:00
講演内容・講師 「感性ポテンシャル思考法」を読み解く
講師:村田 智明 氏

potentialofsensibility.jpg 「感性ポテンシャル」とは、潜在的な共感力、受け手によっては0にも100にもなりえる可能性のことです。これを上手く可視化できると共感力の高いビジネススキームを自在に生み出すことができます。この著書は、経済産業省、中小機構の感性価値創造ミュージアムから生まれた思考法で、厳選ビジネス書2017の200冊にも選定されています。
今回のレクチャーではこれを教本とし、レクチャーを行い、自社のビジネスを感性の視点で考えていきます。前半30分は、会場として使う建物で、普段は会員しか入れない重要文化財に指定された「綿業会館」を見学し、歴史と伝統の様式美を堪能します。
2019年11月26日(火) 15:00~17:00
講演内容・講師 「伝統美と革新美のいけばな」(仮題)
講師:片桐 功敦 氏
コーディネーター:北中 正紀 氏

3万本の桜の枝だけで作った大きなインスタレーションを佐川美術館にて発表。
多くの人の心を打った「桜」という題材。東日本大震災後の福島へ移住し、福島の花をいけつづけた日々に感じたこと。「咲いているときより美しく」花をいけるという想い。「いけばな」について感じることをトークいただきます。生と死、伝統と革新の共生が、感性を揺さぶります。
2019年12月17日(火) 15:00~17:00
講演内容 建築空間に息づく美意識~アートを通じて人はつながる~
講師:片野田 旨侶 氏
講師:荻野 丹雪 氏

現代アートのアーティストの作品の見どころや、アートワークについて、ギャラリーのオーナーにお聞きします。続いて、書家の荻野丹雪様より、携わってこられた「書」「現代美術」「デザイン」の事例をお話いただきます。アートとデザインについて、その違いや感性について思考を巡らせます。
2020年1月21日(火) 14:00~17:00
講演内容・講師 「感性ポテンシャル事業プランシートを自在に使いこなす」
講師:村田 智明 氏

potentialofsensibility.jpg 「感性ポテンシャル思考法」の巻末付録にある5つの事業プランシートを活用し、チームで協力しながら、自社の共感力の高いビジネスプランを企画するミニワークショップを行います。事業プランシートは、感性価値ヘキサゴングラフシート、体験ビジネスマップシート、ダイバーシティ思考シート、感性表現マトリックスシート、購買行動から考えるビジネスプランシートの5つから成り、ソリューション構築に気付きを与えるように設計されています。
ここからチーム毎の案件に応じてシートをセレクトし、ワークショップを行います。
 
 

講師プロフィール
 
■10月25日(金)、2020年1月21日(火)
村田 智明(むらた ちあき)氏
村田 智明(株式会社ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役)
1982年 大阪市立大学工学部応用物理学科卒。1986年 同社設立。プロダクトを中心に活動を行い160点以上の国際アワードを受賞。またNewsweekの「世界が注目する日本の中小企業100社」に選定されている。神戸芸術工科大学客員教授、九州大学非常勤講師、JDCA理事、NPOエコデザインネットワーク理事、JIDAビジョンコミッティ、総務省地域人材ネットアドバイザー、著書に「ソーシャルデザインの教科書」、「行為のデザイン思考法」、「感性ポテンシャル思法」がある。

 
  
■11月26日(火)
片桐 功敦(かたぎり あつのぶ)氏
片桐 功敦(花道みささぎ流 三代目家元)
1973年大阪生まれ。華道家。1997年、24歳で大阪府堺市に続くいけなば流派、花道みささぎ流の家元を襲名。片桐のいけなばのスタイルは伝統から現代美術的なアプローチまで幅広く異分野の作家とのコラボレーションも多数。小さな野草から、長年のテーマでもある桜を用いた大規模ないけばなまで多岐にわたる。近年の活動には東日本大震災で甚大な被害を受けた福島県沿岸部各地で祈りのいけばなを捧げるプロジェクト、婦人画報誌上にての堺市の旧所名跡に花をいける連載「堺ルネッサンス」などがある。
 
コーディネーター
北中 正紀(きたなか まさとし)氏 北中 正紀(株式会社こふれ 代表取締役)
1973年 株式会社こふれ設立。1997年 大阪市/大阪デザインセンター/大阪デザイン振興プラザ/ATC主催で「-自然のかたちをデザインする-森の美術館」企画開催。2004年 大阪市立デザイン教育研究所・特別講師に選任。キッズプラザ大阪や大阪市立科学館にて、企画展の環境デザインを手がける。2018年「~ダンボールであそぶ!絵本であそぶ!~〇△□のふしぎ」企画運営。同年、子どものデザイン教育研究所設立。 
 
 

■12月17日(火)
片野田 旨侶(かたのだ しろう)氏
片野田 旨侶(ファインアート株式会社 代表)
創業(1972年大阪市)から1995年頃までは、具象化の絵画(洋画、日本画)、彫刻、陶器等を画廊・有名百貨店での個展中心に美術愛好家に紹介。また1995年以降は現代アート(現代美術、抽象絵画)系の作家・作品にシフトし、現在に及んでいる。この間、住宅展示場のアートコーディネート(約350棟)のほか、個人住宅、企業、病院、老人ホーム、ホテル等のアートワークも行い"モダンな空間づくりのためのアートコーディネート"とキーワードにした企業活動を行っている。
 
荻野 丹雪(おぎの たんせつ)氏 荻野 丹雪(墨象家)
1939年、兵庫県丹波に生まれる。古典的な書を学ぶ中で、書芸術のエッセンスを体得し、書のもつ美しさを現代に解き放つことに成功した。作品の特徴は、文字であれ抽象であれ、極めて現代感覚に溢れている。グラフィックデザイナーとして出発したが、書・現代美術・デザインと幅広い分野で活躍。商業デザインの仕事でよく知られているものに、サントリーウイスキーの「響」、NHK大河ドラマ「新選組!」、大阪花博「咲くやこの花館」などの題字がある。
t_ogino_hibiki.jpg  
 
 
 
 



日 時 2019年10月25日(金)、2019年11月26日(火)、2019年12月17日(火)、2020年1月21日(火)
会 場 【10/25、1/21】
日本綿業倶楽部「綿業会館」本館3階 中会場
大阪市中央区備後町2丁目5番8号
(Osaka Metro 御堂筋線「本町駅」①または③番出口より 徒歩5分
Osaka Metro 堺筋線「堺筋本町駅」⑰または⑫番出口より 徒歩5分)
 
【11/26】
主水書房(大阪府堺市堺区陵西通2-15)
(南海高野線「堺東」駅から徒歩11分
JR阪和線・南海高野線「三国ヶ丘」駅から徒歩15分)

【12/17】
ギャラリーファインアート(大阪市西区立売堀1-6-10 奥成ビル3F)
(地下鉄四ツ橋線・中央線 本町駅下車㉒番または㉓番出口より 徒歩3分)
受講料 無料(4回連続講座)
受講対象

中小企業経営者、後継者、企画開発責任者、デザイナー、新規創業予定者等

定 員 20名(定員になり次第締め切ります)
主 催 一般財団法人 大阪デザインセンター
備 考

※近畿経済産業局「令和元年度 中小企業知的財産活動支援事業費補助金」の採択を受けて事業を実施しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
デザイナーのご紹介
マッチング事例を見る