コロナプロジェクト2017 実施報告

コロナプロジェクト2017 実施報告

コロナプロジェクト2017 報告画像

今年も、元メルシー(Merci)のジャン・リュック・コロナ・ディストリア(Jean Luc Colonna Distria)氏による、フランスのセレクトショップに合うブランド戦略、商品づくりノウハウ実践を行う「コロナプロジェクト」を開催しました。2015年以来、3回目を迎えました。

今回の参加者は、西野敷物株式会社、堺刃物商工業協同組合連合会、株式会社梅栄堂、高橋拓也氏、エイグローブ株式会社、株式会社小泉製作所の6名でした。このほか、近畿経済産業局、堺市役所、メゾンのプロジェ出展企業などの出席が有りました。

初日の9月13日(水)は、最初にコロナ氏からフランスのマーケットの特徴の講義があり、そのあと、各社の商材や戦略に対してクリニックがありました。競合企業や、代理店になる可能性のある企業の探し方は、各社に大変参考になったと思います。

翌14日(木)は、ボンマルシェ百貨店地区、ルーブル美術館周辺地区、マレ地区を順次バスで回りました。各社の商材に対して、「この店のこの棚に置いてもらうのが良い」といった具体的な指導が分かりやすかったです。

コロナ氏は、商品のジャッジと戦略を持ち、かつ、売れるところまで見通して、具体的な指導をしていただけるところがすごいと改めて感じました。コロナ氏は、今年、メゾン・エ・オブジェの商品セレクターとしても登場し、影響力を再認識しました。

これからヨーロッパに進出しようとする企業には最適なプロジェクトであったと思います。各社のご成功を祈っております。



デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
マッチング事例を見る