お知らせ

『未来思考事業創生プロジェクト』6回目を開催しました。

未来思考事業創生プロジェクト」6回目をマイドームおおさかにて1月12日(土)に開催しましたので報告させていただきます。
 
最初に、第2回特別講演として株式会社ロゴスコーポレーションの柴田茂樹代表取締役社長にご登壇いただき、「マーケット戦略」と題し、その中で同社の過去から現在、そして今後の取り組みについてお話をいただきました。
 
20190112_miraishikou_report.jpg 同社の前身は、柴田社長の祖父が1928年に創業された船舶用品の卸売会社です。ところが、遠洋捕鯨の禁止、200海里問題等で造船不況を迎えることになります。そこでゴムボートの販売に注力し、国内販売で独占に近いほど高シェアを取るようになる半面、卸売りでしたので利益率が低迷しておりました。
 
そこへ柴田社長が入社され、最近で言うベンチャー型事業承継に取り組まれます。海に関係する商品から、当時市場黎明期を迎えたアウトドア市場に着目し市場転換、また直販事業にも乗り出されました。
 
ユニークなのは、山登りに強いこだわりを持つ先行アウトドアメーカーの動きに惑わされることなく、同市場を非常に柔軟に捉え、キャンプを領域とし女性を中心に家族で利用できる事業に取り組まれた点です。その市場に次々に新しい商品を開発・投入され、現在のご活躍はみなさんご承知の通りです。
 
現在はグランピング事業を推し進めながら、ますます家族単位から個人単位としての生き方に進むであろう未来社会に向けて、ロゴスランドを設け家族三世代が一緒に楽しめる事業の可能性に挑戦されております。
 
同社のマーケティングの特徴は、柔軟な発想をベースに潜在市場を他社にない新商品を提供し続けることにより価格優勢性を伴いながら掘り起こし拡大すること、と理解しました。
 
日本は170年程前には鎖国していたにも関わらず、ごく近い将来にはインバウンドを年間6,000万人お迎えしようという程の大きな変化の中で、我々自身が変わり、あるいは世の中を変えていくことになるので、もっともっと柔軟に考えていく必要があるというお話が、強く心に残りました。
 
講演後のワークショップについては、未来思考をベースに既出の課題を影響力の大きいキーワードを使って4つの象限に整理、その中からターゲットとしてひとつの象限を抽出するまでについて、グループワークとして取り組み、発表・共有しました。次回はその象限のなかから、事業創出につながるアイデア出しに取り組みます。
 
 
miraishikou_seminer4.jpg miraishikou_seminer5.jpg
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
デザイナーのご紹介
マッチング事例を見る