• ホーム
  • お知らせ
  • 【SEMBAサロン93rdレポート】「あなたの思いをカタチにする 3D CAD超入門講座」(水鳥六郎氏)

お知らせ

【SEMBAサロン93rdレポート】「あなたの思いをカタチにする 3D CAD超入門講座」(水鳥六郎氏)

今回のSEMBAサロンは、CADトレーナーで、Jw_cad使い方.com 運営者の水鳥六郎(みずとり ろくろう)さんに、「あなたの思いをカタチにする 3D CAD超入門講座」というテーマのもと、3D CADをこれから始める方向けに、3D CADの使い方を3つのポイントに絞って解説していただきました。
 
20180928_salon.jpg  
まず、今回使用したソフト Fusion360の特徴として、簡単に3D画像が作れるということに加え、3D画像に色や質感を付ける機能(レンダリング機能)が充実していること、情報インフラが豊富に整っていること、無料版(趣味目的)でも機能に制限がないことから、デザイナーの方の使用にも向いているということです。
 
今回は、「カメラ」を描くということを題材に、基本操作となる"押出"、"回転"、"スイープ"という3つの技法を組み合わせながら、それぞれの特徴について教えていただきました。
実際に自分がパソコンを操作しているような感じで、ひとつひとつの工程を丁寧に分かりやすく説明いただき、参加されたみなさまもそれぞれの過程について学ぶことができました。
 
Fusion360では、一見複雑そうに見えるカメラでも、それぞれのパーツごとに分解して考え、これらの技法を組み合わせて描いていくことで、初心者でも簡単に描くことができます。Jw_cadやillustratorで作成したDXLデータを取り込んで、そこから3Dにしていくことも可能で、そちらの方法についてもお教えいただきました。
 
カメラの形ができた後は、色・質感を加えていきます。項目を選択するだけで簡単に色や質感(木目調、メタリックなど)を与えることができ、制作物の完成形を見ることができます。
最後に、保存方法についても教えていただき、新規作成・データの取り込みから制作過程、保存まで、一連の流れについて学ぶことができました。 
参加されたみなさまもとても満足されたご様子で、3D CADに関心を持たれていました。
 
20180928_salon2.jpg  
終了後の懇親会では、和やかな雰囲気のもと個別質問や参加者同士の交流で大いに盛り上がりました。
 
水鳥さんは、CADの使い方についてYoutubeに動画を300本以上もアップされていたり、セミナー、電子書籍の出版もされておりますので、今回参加された皆さまをはじめ、CADについて関心のある方は、ぜひ水鳥さんのウェブサイトをご覧ください。
 
 
【日 時】9月28日(金)19:00~21:00 後半は懇親会
【スピーカー】水鳥 六郎 氏 (CADトレーナー、Jw_cad使い方.com 運営者)
【参加人数】8名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
デザイナーのご紹介
マッチング事例を見る