• ホーム
  • お知らせ
  • 「LIVING & DESIGN」に「OSAKA STYLING EXPO 2010」として巨大ブースを出展します。("STYLING EDITOR"は ムラタ・チアキ氏)

お知らせ

「LIVING & DESIGN」に「OSAKA STYLING EXPO 2010」として巨大ブースを出展します。("STYLING EDITOR"は ムラタ・チアキ氏)

大阪デザインセンターでは、「大阪・関西のデザインに対する意識改革と発信力強化」を目指し、大阪・関西のさまざまな成果物について、ブース等の出展を通して、国内外に情報発信を行うため、大阪スタイリングエキスポ実行委員会(以下、「実行委員会という」)に加盟し、「LIVING & DESIGN」に巨大ブース(幅3m×長さ24m×高さ3m)を出展することになりました。
「LIVING & DESIGN」は9月29日(水)から10月2日(土)、国際見本市会場・インテックス大阪2号館で開催されます。

「実行委員会」では、「OSAKA× STYLING× EXPO  2010」としてブースを出展します。今回は、ムラタ・チアキ氏がLIVING 部門の“STYLING  EDITOR”に選ばれ、大阪から世界に影響を与えているデザイナーに協力を得て、全体と個の調和をテーマに“Holonicpath(ホロニックパス)”というテーマを掲げたブースを設けます。散在している個々のエネルギーを集めることで、大阪の産業力やデザイン力のポテンシャルの高さを国内外にアピールすることとしています。


<協力デザイナー(敬称略)>
安積伸(a studio)、荒尾宗平・荒尾澄子(SIDES CORE)、飯田吉秋((有)アイ・シー・アイデザイン研究所)、上田バロン(FR/LAME MONGER?)、管野大門・福井守(design office A4)、川崎和男((有)オーザックデザイン)、喜多俊之((株)アイ・ディ・ケイ・デザイン研究所)、杉崎真之助((株)シンノスケデザイン)、高尾 茂行((株)デプロ・インターナショナル・アソシエイツ)、辻野 剛(フレスコ)、服部滋樹(グラフ)、羽場一郎(イデア(株))、平田喜大(ERGO DESIGN STUDIO)、平沼孝啓((株)平沼孝啓建築研究所)、間宮吉彦((株)インフィックス)、三木健(三木健デザイン事務所)、ムラタ・チアキ((株)ハーズ実験デザイン研究所)、柳原照弘((株)アイソレーションユニット)、ヤマモトヒロユキ((株)ピクト)、由利佳一郎((株)アートフィアー)、吉行良平(吉行良平と仕事)

「OSAKA STYLING EXPO 2010」の開催概要

詳細は http://www.osakastyling.jp/ をご覧ください。

1.事業名OSAKA STYLING EXPO 2010(大阪スタイリングエキスポ2010)
2.主催大阪商工会議所、大阪スタイリングエキスポ実行委員会(大阪市、(財)大阪デザインセンター、(社)関西経済同友会、(財)大阪21世紀協会など)
3.開催時期LIVING部門: 2010年9月29日(水)~10月2日(土)の4日間
FASHION部門: 2010年10月3日(日)~10月12日(火)の10日間
4. 内容
  • FASHION(衣)を基点に、ライフスタイルを構成するLIVING(住)、FOOD(食)の分野を対象に「OSAKA STYLING」という切り口で編集し国内外へ発信します。ただし、初年度である2010年度は、FASHION(衣)部門を中心に実施します。LIVING(住)部門については、初年度は情報発信を中心に展開し、国際見本市「LIVING&DESIGN」に提案ブースを出展します。FOOD(食)部門は、初年度は自主事業を行いませんが、2年目以降に「食の都・大阪」推進会議(事務局:大阪商工会議所)との連携を検討します。
  • 国内外の第一線で活躍する大阪・関西に縁ある編集者、スタイリスト、プロデューサー等を"STYLING EDITOR"に任命します。彼らが自らの感性で大阪の都市型ライフスタイルに調和したファッション関連商品の選定・編集を行い、「OSAKA STYLING」としてブランド化し、全国およびアジアへと情報発信するというもので、これまでにない新たな試みです。
  • 「OSAKA STYLING」にふさわしいファッション関連商品の提案・提供を①独立系の新進クリエイター、②大手小売店のバイヤー等に依頼します。こうした商品の中から"STYLING  EDITOR"が選定・編集した商品群を「OSAKA STYLING」として発表し、開催期間中に大阪の中心部各所で開催するトークショーやファッションショー、展示・販売等のイベントで取り上げ、個別商品のプロモーションと併せて、「OSAKA STYLING」としてのブランド認知度の向上を図ります。また、消費者や業界関係者(バイヤー等)に市内各所を回遊しながら「OSAKA STYLING」を見てもらい、投票によって「OSAKA STYLING 2010グランプリ」を決定します。
5. 本年度の
“STYLING  EDITOR”

◆ LIVING部門/ムラタ・チアキ氏
(株)ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役。プロダクトデザイナー。1982年大阪市立大学工学部応用物理学科卒業後、三洋電機株式会社デザインセンター入社。1986年ハーズ実験デザイン研究所を設立、プロダクトを中心に、グラフィック、C.I、インターフェースデザイン等広範囲なデザイン活動を行う。2005年にはMicrosoftのXbox 360のコンソールデザインを手掛け、同年4月のミラノサローネで発表したブランドMETAPHYSは、企業分野を超えてデザイン、思想、ブランド共有を図る新しいビジネスモデルとしてメディアで数多く取り上げられている。

◆ FASHION部門/田中杏子氏
女性モードファッション誌「Nume'ro TOKYO」編集長。ミラノでファッション誌のエディター・スタイリスト業務を学び、帰国後フリーランスのスタイリストとして「流行通信」「ELLE JAPON」で活動。その後、「VOGUE NIPPON」創刊時よりエディターとして従事し、ファッション・エディターのキャリアを重ねるとともに、広告やTV番組の司会、資生堂マキアージュ キャンペーンのファッション・ディレクターを務めるなど多方面で才能を発揮。ファッション・エディターの第一線で活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
デザイナーのご紹介
マッチング事例を見る