2007年度:入賞作品

国際デザインコンペティション2007の新商品開発ワークショップが2008年2月14日・15日の両日 大阪国際会議場で実施され、同時に開催された最終審査会において内閣総理大臣賞をはじめ各賞が決定し表彰式が 行われました。当日は、審査プロセスで選ばれた招聘作品18点の創作者によるプレゼンテーションと25点の優秀作 品が100名近いビジネス界の人々に紹介されました。受賞作品は以下のとおりです

■大賞(内閣総理大臣賞)
作品名:モバイル・エコロボット
提案内容:海の汚染領域を見つけ、海水を清浄し、有毒廃棄物を保管します。
創作者:エジウソン・ウエダ(ブラジル)

■金賞(経済産業大臣賞)
作品名:シー・ボット
提案内容:建物構造を診断するバイオニック・クライミング・ロボット
創作者:ニクラス・ガラー(ドイツ)

■銀賞(大阪府知事賞)
作品名:ルナ・ロボット
提案内容:地震時に生存者を単独で捜索し、レスキュー隊が到着するまで付き添いができるロボット
創作者:レ・リー/ヤン・ハイ/シャンフェイ・ラー/シエンイン・リー/ミンナン・ウェン(中国)

■銀賞(大阪市長賞)
作品名:ヘラクレス
提案内容:ショッピングカート・ロボット
創作者:チェン・インチー/リオ・チーシャン(台湾)

■銅賞(協会会長賞)
作品名:L.A.D.R
提案内容:世界最新のテクノロジーを駆使した生命援助を目的とする全世界の消防士のためのロボット
創作者:カルロス・スワーズ(米国)

■銅賞(協会会長賞)
作品名:オー・エス・ピー・ロボット
提案内容:世界最新のテクノロジーを駆使した生命援助を目的とする全世界の消防士のためのロボット
創作者:ジフーン・キム(韓国)


※この事業は、競輪の補助金を受けています。 http://ringring-keirin.jp/

Page top
Copyright 2002-2008 Japan Design Foundation. All Right Reserved.