• ホーム
  • お知らせ
  • 【SEMBAサロン 78th レポート】 タレントから政治家まで、写真補正から考える好印象な顔 川井統治郎氏

お知らせ

【SEMBAサロン 78th レポート】 タレントから政治家まで、写真補正から考える好印象な顔 川井統治郎氏

SEMBAサロン第78回目となる今回は、グラフィックデザイン及びデジタルメディアにおけるデジタル画像のフォトレタッチを中心に活躍中のビスマイメージ代表の川井統治郎さんに「タレントから政治家まで、写真補正から考える好印象な顔」をテーマにお話しいただきました。


20170609_salon_1.jpg

写真のデジタル加工が容易になり、加工されすぎた写真が非難されたり実際の顔との位置づけが難しくなっている現状がありますが、その人本来の顔の特長を捉えてイメージアップを図る手法を、広告事例を通して具体的にご紹介いただきました。

タレントさんの場合、クライアントと事務所それぞれからこだわりの注文が寄せられる中、それらをうまく取り入れつつ、可能な限り基本的な補正とライティングだけを行い、その人らしさを引き出して制作することが大切だということでした。補正するポイントはメイクと似ていて、まゆの補正やTゾーン、ハイライト、チークなどを入れてあげるだけで、その人本来の印象を崩さず、素晴らしい写真に仕上げられるということです。


20170609_salon_2.jpg

また、政治家の選挙ポスター制作については、対立する候補のイメージを分析した上で、クライアントを明るくイメージアップさせたことにより当選した事例を紹介。こちらもポーズとライティングの補正だけで見違えるような写真に仕上げられていました。選挙ポスターについては、どの地域でどのターゲットに訴求するかを考えることが大切で、マーケティングと通じるものがあるということです。

最後に、会社紹介用パンフレットに掲載する社長写真の補正依頼について、顔のシワを取ってほしいという注文がありましたが、無理に若々しく補正するのではなく、社長がこれまで頑張ってきた証としてシワは残したまま、ライティングにより自然な雰囲気で目立たなくさせることで、実績と経験が豊富な会社社長の顔に仕上げられた事例を披露いただきました。

紹介されたどの写真も素晴らしくイメージアップされており、参加者からも驚きの声が上がっていました。セミナー終了後は、和やかな雰囲気のもと、講師への個別質問や参加者同士の交流などで盛り上がりました。


ビスマイメージ http://vismaimage.com


【日 時】6月9日(金)19:00~21:00 後半は懇親会
【プレゼンター】川井統治郎氏(ビスマイメージ代表、フォトレタッチャー、ビジュアルアーツ専門学校 非常勤講師)
【参加人数】15名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
マッチング事例を見る