お知らせ

【レポート】商品パッケージ企画実習講座<第4回>

昨日開催の「プロに学ぶ!商品パッケージ企画実習講座」第4回目のご報告です。
内容は、パッケージと知財との関わり、そして女性目線で伝えるパッケージ技術の2部構成。
 

20170517_package_report1.jpg

まず、弁理士の奥田利枝子氏(エルア商標意匠事務所 パートナー)が、知っておくべき「意匠権・商標権・著作権のポイント」について解説。部分意匠や関連意匠登録の内容、商標法における識別力などについて、特にパッケージの実例を踏まえて説明いただくとともに、J-Platpatによる意匠調査・商標調査の方法を実践的に解説していただきました。
 

20170517_package_report2.jpg

後半の講師はパッケージデザイナーの大力千津子氏(株式会社イングアソシエイツ ディレクター)。量販店で好ましいパッケージであるための条件や、女性に好まれる訴求アプローチ、またパッケージにコピーを入れる際の注意点を解説いただきました。
 
実習では、架空の商品のコンセプトシートに従って、具体的に仮定した新商品の包材に、商品名やコピー、キーワードをグループで出し合って落とし込みました。商品の独自性の追求、ほしくなる文言、伝えたいことの優先順位を考慮する中で、読もうと思わなくても目に飛び込んでくるコピー、そしてビジュアルとの連動性を理解できる内容の講座となりました。
 

【日 時】2017年5月17日(水)16:00~19:00
【講 師】奥田利枝子 氏(エルア商標意匠事務所 パートナー/弁理士)
    大力千津子 氏(株式会社イング アソシエイツ ディレクター)
【参加人数】16名
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
マッチング事例を見る