お知らせ

2016年1月28日(木) 14:00~17:00

【シンポジウム】食のライフスタイル・デザイン

デザインはフードビジネスにどのように関わっていけるのか、その影響力は、など。食に関わるメーカー、販売、小売業の方はもちろん、一般のビジネスにも応用できる内容です。

このシンポジウムは終了しております。
完了報告書はこちら(PDF 1.9MB)
開催結果報告はこちら(PDF 300K)

ライフスタイルの中で最も重要な行為のひとつ「食」。
その普遍的な欲求に関わるカテゴリーは資源もニーズも豊富で、常に重要なビジネス分野です。

「地球に食料を、生命にエネルギーを」がテーマだったミラノ万博、今後の動向が注目されているTPPなど、食に対する注目度は非常に高まっています。

国内を見てみると日本各地には、ふるさと名物として自然の素材を活かした美味しくて健康的なもの、その土地独特の加工法でできたものなど、たくさんの食品があります。
しかし、食品メーカーはその素材を活かしながら、「市場ニーズに合った商品づくり」や「販路確保」はできているでしょうか。

そこで今回、加工食品のプロデューサー、メーカーの両側面を持つ株式会社シーズコアの代表取締役 渡部 紘士 氏をお招きしてお話をうかがいます。

「新しい市場を作り出す」という意識で商品開発を行っている株式会社シーズコア。
なぜ今の市場ではダメなのか、その意識はどのように商品開発や販路に影響するのか?など
について教えていただきます。

また、日本各地の優れた食品をジャパン・シー・ラインというブランドにまとめて、海外にも販路を広げる構想もお持ちですので、そのお話もあわせてお伺いします。

一方「食」といえばフレンチ。フランスの食文化や歴史とその中で大切にしている価値観を、食にまつわるコンサルタントとして現地で活躍している佐藤大輔氏に伺います。

パネルディスカッションでは、パネリストとして講演者のお二人にりそな総合研究所の藤原明氏を、コーディネーターに阪急百貨店の薬師寺雅文氏を迎えて食とビジネスの関わりについて話し合っていただきます。

食に関わるメーカー、販売、小売業の方はもちろん、一般のビジネスにも応用できる内容のシンポジウムです。
みなさんのご参加をお待ちしております。
20160128.jpg



日 時 2016年1月28日(木) 14:00~17:00
会 場 大阪市立中央図書館 5階大会議室 (地下鉄千日前線 西長堀駅直結)
参加費 無料
定 員 280名
主 催 一般財団法人 大阪デザインセンター
共 催 大阪市立中央図書館
論 点

・地方創生と食の可能性
・地域の強みを見える化する
・フランスと日本の食文化、同じところと違うところ
・食をデザインする(ブランド化と商品化)
・商品開発の目のつけどころ
・海外展開で失敗しないために
・TPP、東京五輪で食の特需はあるか

プログラム

【第1部】
14:00~14:50
  講演(1)「地域の食文化を市場開発する手法」
  (株)シーズコア 代表取締役 渡部 紘士 氏
14:50~15:00 休憩
15:00~15:50
  講演(2)「フランスの食文化とコアの価値観」
  ALFELIS SARL 佐藤 大輔 氏
15:50~16:00 休憩
【第2部】
16:00~16:50
パネルディスカッション
  ・パネリスト
   (株)シーズコア 代表取締役 渡部 紘士 氏
   ALFELIS SARL 佐藤 大輔 氏
   りそな総合研究所 リーナルビジネス部長 藤原 明 氏
  ・コーディネーター
   阪急百貨店 販売促進部部長 店内催事担当 薬師寺 雅文 氏
16:50~17:00  質疑応答(終了後、名刺交換会)

講師

株式会社シーズコア 代表取締役 渡部 紘士 氏
ALFELIS SARL 佐藤 大輔 氏
りそな総合研究所 リーナルビジネス部長 藤原 明 氏
阪急百貨店 販売促進部部長 店内催事担当 薬師寺 雅文 氏

お問合せ 一般財団法人 大阪デザインセンター
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟10階 A-1
TEL : 06-6615-5571 FAX : 06-6615-5573
e-mail : odc@osakadc.jp
お申し込みはこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アーカイブ一覧

無料デザインの相談・デザイナー紹介のお問い合わせ
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top