• ホーム
  • コラム
  • 「デザイナーとのビジネスマッチングって?」 第20回 いろいろなデザイナー

コラム

【画像】第20回 いろいろなデザイナー
「デザイナーとのビジネスマッチングって?」
第20回 いろいろなデザイナー

当センターにも多くのデザイナーの方にご登録いただいていますが、これまでにも述べてきたように、そのタイプや能力はさまざまで"一長一短"があります。

2017-09-13
facebook
pocket
hatena
googleplus

このコラムもおかげさまで第20回となりました。いつもお読みいただき、ありがとうございます!
さて、前回は「著名デザイナーとの取り組み」について記しました。
今回は、十人十色の「いろいろなデザイナー(デザイン事務所)」について、もう少し触れたいと思います。

当センターにも多くのデザイナーの方にご登録いただいていますが、
これまでにも述べてきたように、そのタイプや能力はさまざまで"一長一短"があります。
もちろん、クリエイティブな表現力や構想力、対応力も各々違ってきます。

例えば、デザイン事務所の人数について、
・個人の所はフットワークがいいし、デザイナー自身の即決で融通が利く・・・
・複数の所はフォローできる体制があるし、総合力もあって安心・・・
ということですが、個人であっても大変込み合っている時の対応への課題や、
複数の所でも、チームというよりも専任の担当デザイナー自身が担当することも多いかと思います。

年齢・性別についても、
多くの実務経験を持ったベテランの方は、培ってきたいろんなノウハウや引き出しを持たれて信頼度は高く、
一方、若手も今の時代感覚を持っていて、新鮮な切り口の提案が期待できます。
そして、当然のごとく男性デザイナーと女性デザイナーではテイストが全然違います。
主な購買者層でもある女性デザイナーが好まれる傾向がどうしてもありますが、
男性デザイナーであっても主婦感覚の高い方も多くいらっしゃいます。

得意分野についてですが、デザイン業務がハッキリとした専門性の高いところもあれば、
デザイン領域が広く総合的にサポートできる所もあります。
どちらかというと、前者はやや職人タイプで、後者はプロデューサー・コンサルタントタイプ。
例えば、工業デザイナーといっても、スタイリングや設計の部分を得意とされている所もあります。

肝心の"デザイン"についてですが、デザインポリシーやテイストが明確なデザイン事務所もあれば、
要望に合わせて柔軟に対応してくれる所もあります。
いずれにしても、コミュニケーションが円滑にとれるのか、相性が合うのか、十分な意思疎通が図れるかです。

最後に、デザイン費・・・これもまちまちです。
個人と複数の所で違いますし、個人と個人であってもやはり違います。
その事務所の特性に加えて、依頼企業の規模や予算によっても変動しますし、
大阪と東京でも異なります(東京の方が高いと言われますね)。

以上、デザインを依頼する企業さんにとっては、
ビジネスパートナーとして当てはまるデザイナーさんとまず出会うことで、
デザインを依頼するかしないかは、それから決めたっていいじゃないかと思います。

当センターをご利用いただくことで、新たな良きデザイナーさんと
ビジネスマッチングが生まれるように、しっかりと繋ぐことができればと思います!
 

この記事を共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デザインのご相談・お問い合せはこちら
Page Top
このエントリーをはてなブックマークに追加
-->
大阪デザインメルマガ配信登録
大阪デザインセンター公式Facebook
大阪デザインセンター公式Twitter
マッチング事例を見る